ダイエットと美容について効果のある食べ物、やり方などいろいろな役立つ情報をまとました。

美肌とスキンケア

skin photo

美肌という言葉はよく聞きますが、実際はどういう意味で、どういうお肌の状態をいうのでしょうか。

一般的な定義としては、お肌に潤いがあり、かつ滑らかさと張り、弾力と血色の良さ、そしてお肌のツヤ、この6つをすべて備えていて美肌と呼ばれるようですが、美肌になるスキンケアというものはなかなかに難しく感じますね。
まずは「潤い」ですが、お肌に水分がたっぷりある状態を意味していて、「滑らかさ」というのは触ったときの感じ方でデコボコしてない引っ掛かりのない状態というべきでしょうか。

「張り」を保ったお肌はたるみがないピンと張った状態であり、「弾力」は、お肌は指で押したときに、パッっとすぐに元に戻るようなお肌の状態です。
お肌の色がほんのりとサクラ色であれば、それは「血色」が良いという状態で、「ツヤ」は剥いたばかりのゆで卵のような肌が、昔から理想的とされているようです。
まず、お肌を作り出しているのは身体の内側からでありますから、スキンケアの前に食生活改善や美肌効果のあるサプリメントなどでも肌状態の改善、保護も出来ますが入浴などでも肌質の改善や保護などの簡単なスキンケアができるのです。

普段からお肌のスキンケアをちゃんとしていると思ってはいても、なかなか美肌にならない、改善しないと感じていたら、まずスキンケアの方法が間違っていないかを見なおしてみてはいかがでしょうか。間違ったスキンケアはお肌の状態を悪化させてしまいますので、深いシワやシミの要因にもなりかねません。

まず美肌を目指す際に必要なのは成分は「水分」であり、これは美肌には必須の条件で、この水分というものは新陳代謝に必要で栄養や酸素を細胞に届ける働きがあるのです。
ゆえに水分を十分にとって、細胞が活発に働けば新陳代謝も良くなり皮膚が新しく生まれ変わるサイクルも正常に動き出しますし、スキンケアの効果もでやすくなります。
一般的に皮膚が生まれ変わるサイクルは28日間だという話ですが、お肌の状態が悪くて新陳代謝の方も活発に動いてないようであれば、お肌の再生サイクルは長いスパンになってしまいます。
ゆえに美肌を生み出すためには、正しいスキンケアと身体の内側からきれいにすることからはじまるのです。