ダイエットと美容について効果のある食べ物、やり方などいろいろな役立つ情報をまとました。

美肌とスキンケア

skincare photo

Photo by sleepyjeanie

美肌を作るための身体のバリア機能は、角質層によって保たれています。 その角質層の水分を保つことが美肌には何より大切なのですが、そのためにはお肌の水分補給や保湿などのスキンケア方法が重要になってきます。

美肌になるためにはまず、お肌の潤いを保つことが重要になってくるのですが、肌の潤いを保つ成分でセラミドというものがあります。 このセラミドという成分は10~20歳代の角質には充分含まれており、お肌は常に守られているのですが、だんだん加齢とともに減っていくために、お肌の潤いを保つためには外部からスキンケアなどで補助していく必要がでてきます。
そしていつまでも10代20代の頃のスキンケア方法ではお肌の状態が違いますから、潤いが持続せずにせっかくのスキンケア方法でも他の肌トラブルを招いてしまいかねません。 それともうひとつ、肌に大事なハリを保って美肌になるためには、お顔のマッサージをしたり顔の筋肉の運動をするという方法もあるのですが、これは顔の筋肉を動かすことで、お肌のハリをなくさずにたるみも解消する効果があるのです。
そしてマッサージをする上で大事なことは下に動かすのではなく、お肌を上に持ち上げるようにしてマッサージをすることがこのスキンケア方法のキモになります。

また外部からの刺激で肌に影響があるものとして、過度に紫外線を浴びることはお肌に悪影響を及ぼしますので、紫外線防止の化粧品などはとても有効な方法となります。
実は季節によって顔の血液の量は多少変化をするものなので、暖かくなる春以降は顔の血液量はだんだんと減りだし、逆に気温が下がりだす秋以降は、顔の血液の量が増えるようになるのです。

このような季節によっての血流量の変化がなぜ起こるのかといいますと、肉体の体温を調節していこうとする機能のひとつで、外気温が暖かくなれば冷やし、寒くなれば温めようとする身体の機能によるものなのです。
しかし、この血液量の減少と外気温にズレが生じますと、お肌のバリア機能が低下し美肌を目指す妨げになりますので身体のリズムを正常に保つことも内側からのスキンケア方法として大切になります。脱毛を行う場合、脱毛サロン選びは肌にダメージの少ない施術を行うところを選ぶと良いでしょう。