ダイエットと美容について効果のある食べ物、やり方などいろいろな役立つ情報をまとました。

世界的カラーリストが監修!綺和美の白髪染め・白髪隠し

女性たちの白髪に対する意識の変化

加齢と共に、誰もが無視ができなくなる白髪。
何もせずそのままにしている方、こまめにサロンで染める方、市販の白髪染めや白髪隠しで自宅でケアをする方など、白髪との付き合い方はそれぞれだと思います。

そんな中、今では「歳を重ねても、いつまでも美しくありたい」と思う美意識の高い女性がかなり増えており、アンチエイジング化粧品はもちろん綺和美のような白髪を染める・隠すアイテムにも需要が高まっている状況です。
白髪ケアをする方の多くは、「白髪があると老けて見える」「疲れているように見える」「どんなに着飾っても、メイクをしても白髪で台無し」という風に感じているようです。

白髪、染めますか?隠しますか?

白髪ケアは、ライフスタイルや白髪の量などで適するアイテムが違います。ここでは、現在綺和美から発売されている白髪隠しと白髪染めについてご紹介します。

部分的に気になる方には、手軽な白髪隠し。

全体的な「白髪染め」を使うほど白髪がない方には、ハケタイプで塗りやすい「白髪隠し」をお勧めします。
現在の白髪隠しはマスカラ型、パウダー型など様々なバリエーションが発売されていますが、綺和美の白髪隠しは持ちやすい太さのスティックの先にコシのある筆が一体化したタイプ。隠したい白髪部分にとても簡単に塗布することが出来ます。
生え際や顔周りだけなど、お出かけ前に鏡で気になる部分をチェック。目立つ白髪の部分に白髪隠しをサッと塗る気軽さ。
白髪隠しというとあくまで一時的なもので洗うと落ちると思われていますが、綺和美の白髪隠しは使うごとに色が入って行くため、継続した使用で徐々に目立たなくなる所も嬉しい特徴です。

また、普段は白髪染めをしている方が、次の全体染めまでの繋ぎとして生え際に白髪隠しを使用するという使い方もよく寄せられています。

▼2014年モンドセレクション金賞受賞!綺和美 白髪隠し詳細▼
白髪綺麗に隠します。KIWABI

全体的に染めたい方は、しっかり白髪染め。

全体的に白髪がある方は、こちら。23種類の植物エキス配合・無添加・無香料・ノンシリコン・パラベンフリーの肌や髪に優しくトリートメント効果も期待が出来る白髪染めです。
白髪染めというと、手袋やケープを用意して下に新聞紙などをひいて…などと手間がかかるイメージがありますが、こちらの綺和美カラートリートメントは入浴時に使用ができるので手軽です。
染料が手に付いても洗い流せ、後片付けも要りません。しかも、カラーリング剤特有のツンとした匂いもありません。
なお、トリートメントヘアカラーの特性なのですが、白髪染めに比べて髪や頭皮を傷めずトリートメント効果も発揮する代わりに一度にしっかりと色が入らない事があります。
ただ、定期的に使うごとにどんどん色が入っていきますのでご安心下さい。
逆に、「いかにも”昨日染めました”と周りにはっきり分かるのはちょっと…。カラートリートメントの方が自然に目立たなくなるから良い」という方もいるようです。

▼綺和美 白髪染め詳細▼
2014年モンドセレクション金賞受賞。綺和美(きわび)

ドラッグストアなどで販売されている商品とは一線を画する「綺和美」

綺和美

左は、高級感が漂う綺和美の公式サイトです。
ひと目で綺和美のコンセプトがよく現れており、ただ白髪を染める・隠すだけの商品ではないという事が伝わってきます。
使う人の美しさをワンランク上げてくれる、そんなアイテムが綺和美の魅力です。

「とにかく白髪が染まればいい」本当にそうでしょうか?確かに量販店やドラッグストアですぐに買え、手頃な価格の白髪染めや白髪隠しは便利でしょう。ただ、そのかわりトリートメント効果や使用感、香り、色の持続など本当の満足感を得る事が難しいのが現実です。
一部の店舗や通販でしか入手出来ない綺和美ですが、その一手間を期待に変えてみませんか。

世界で愛されている綺和美ブランド

綺和美は、ヘアカラーの本場であるビバリーヒルズのサロン「Jonathan and George Salon」にてマスターカラリストを務める世界的カラーリスト”KAZUMI”がプロデュースをしたカラーリング商品。 髪へのこだわりが強いセレブリティが多く通うこのサロンで、KAZUMIは絶大な支持を受けています。

豊富な経験、様々な髪質、異なる自然環境を過ごす髪を知り尽くした彼女だからこそできる究極のカラーリングとヘアケア。
ラグジュアリーで深みのある色と、なめらかさ・美しさを持った髪を世界中の多くの方に届けたい。それがKAZUMIの、綺和美の目標です。

▼綺和美商品詳細▼
白髪綺麗に隠します。KIWABI

▼無添加ヘナもオススメ▼