ダイエットと美容について効果のある食べ物、やり方などいろいろな役立つ情報をまとました。

ダイエットとメタボ

fat photo

ダイエットの目的がメタボリックシンドロームの予防、またはメタボリックシンドロームを改善するためにダイエットをする人が最近増えてきているようです。

よく耳にする言葉のメタボリックシンドローム(代謝症候群)ですが、それは具体的にはどんな状態のことを指すのでしょう。
いわゆる内蔵肥満とも言われ、内臓などに脂肪が蓄積した肥満状態が原因であると考えられています。 普段、生活習慣病とよく呼ばれている状態です。
この生活習慣病と言われている病気には、肥満症・高血圧・糖尿病・高脂血症なども含まれます。

メタボリックシンドロームとは、一つには内臓に脂肪が蓄積されることにより、他の病気も誘発された状態のことを指します。
まずはこの内臓に蓄積された脂肪を減らすようダイエットをすることが、メタボリックシンドロームの予防と改善には大変効果的だといえます。 また、どういったダイエットが効果的かを知るためにも、身体に蓄積された脂肪の種類を把握することも大切です。
そしてそれが一番効果的なダイエットを進める近道になり、メタボリックシンドロームの予防や改善をすることが可能となります。

ひとくくりに肥満とは言っても、体のどの部分に脂肪がつくかによって大まかに2つのタイプに分けられます。
まずは「皮下脂肪型肥満」というものがありますが、下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりなどの皮下に脂肪が蓄積するタイプで女性に多く、プロポーションの崩れる原因ともなります。
もうひとつの「内臓型肥満」は、内臓のまわりに脂肪が蓄積するもので、お腹がポコっと出てきてしまうタイプです。
身体のラインの特徴から皮下脂肪型肥満は「洋ナシ形肥満」。 内蔵型肥満は「リンゴ型肥満」というように言われることもあります。

また痩せ型の人でも、まったく気がつかないうちに他の病気が進行していることもよくあることですし、一口にメタボリックシンドロームといっても、実際は複合的な病気ですので気をつけなくてはなりません。
まずは自分自身の体がどんな状態なのかを一度チェックして、メタボリックシンドロームについても正しく理解することが大事になります。

巷には様々なダイエットの方法がありますが、インターネットなどで検索したりして、その中から自分に合ったものを見つけることがダイエット継続のキーポイントになるでしょう。