ダイエットと美容について効果のある食べ物、やり方などいろいろな役立つ情報をまとました。

セルライトができる原因

body care woman photo

Photo by Celestine Chua

セルライトのできる原因には、冷え性・加齢・運動不足・むくみ・身体の冷え等、実に色々な原因があるといわれています。
セルライトは血行が悪くなることによって生成され、その血行が悪くなってしまう原因が日頃の運動不足や加齢によるものだといわれています。
身体の「むくみ」や「冷え」も、一過性のものもありますが、血行が悪くなる原因になる場合があります。 セルライトは太ももやお尻などの下半身にできやすいといわれていますが、それは下半身の血行が悪いからなのです。

セルライトの生成は脂肪細胞との関わりがその原因となることがわかっています。 脂肪細胞とは体内で脂肪の合成や分解、そして蓄積を行う細胞です。
人の身体は体脂肪率が上昇すると肥満ということになりますが、その原因は脂肪細胞の脂肪蓄積量の増加にあります。 そして脂肪細胞は細胞数がいったん増加してしまうと、その後もほとんど減ることがないのです。 これが他の細胞とは違う部分です。
そして脂肪細胞というものは若いときだけに増えるのではなく、ある程度の年齢になっても増えることがわかっています。

大人の女性は運動不足になりがちですから、セルライトができやすいとうのもうなずけることです。
体重だけを減らして見た目は痩せても、体内では脂肪細胞が減らないということになります。 そういう理由で、継続的なセルライトの解消の必要性があるのです。

このように、セルライトができてしまう原因はたくさんあります。
なので、こういった様々な理由をふまえた上で、セルライト解消の対策をしていく必要があるのです。