ダイエットと美容について効果のある食べ物、やり方などいろいろな役立つ情報をまとました。

セルライトができやすい部分

body care woman photo

Photo by LyndaSanchez

セルライトが太ももにできやすい原因として考えられるのは、運動不足や代謝機能の低下によって脂肪が付きやすくなることです。 身体の代謝機能が低下すると、老廃物を体内に蓄積しやすい体質になってしまうので、気をつけなければなりません。
古い皮下脂肪が運動不足や代謝機能の低下によって体内に蓄積されていき、それによってセルライトが作られてしまいます。

とくに女性の更年期などのホルモンバランスが崩れやすく乱れやすい時期も要注意です。 この時期は特に身体の代謝機能が乱れやすくなりますので、セルライトが生成されやすい状態に陥りがちなのです。

また、他にもセルライトを作りやすい要因として、血行不良やむくみ、冷え性など、女性に多い症状があげられます。
もともと冷え性や、むくみやすい体質の人は局所の血行不良が起こりやすいので太っていなくても注意が必要です。

さらに、老化による代謝機能の低下もセルライトの生成に関係があります。
大人の太ももなどの下半身にセルライトを見ることがよくありますが、子どもの年齢にはあまりセルライトを見ることがありません。 これは老化のために代謝機能がだんだん低くなってきているからで、太ももなどの下半身にはセルライトがどうしてもできやすくなってしまうというわけです。
太ももなどの下半身はどうしても血液の流れが悪くなりやすいので、血液やリンパの流れが悪くなると、老廃物が体内に残りやすくなってしまいます。

こういった理由から下半身にはセルライトもできやすく、さらにセルライト自体も皮膚温度の低下をまねいてしまうのです。