ダイエットと美容について効果のある食べ物、やり方などいろいろな役立つ情報をまとました。

シミの色々

speckle photo

Photo by Tabsinthe

お肌に突然できるシミとは、いったいどういうものなのでしょう。
これは主に紫外線によって色素沈着がおこったことが要因で、皮膚の表面が茶色や褐色に変化してしまった状態です。 自分では気がつかないうちに、急に顔などにシミができていてショックを受けることがありますが、おおまかな要因は紫外線によってメラニン色素が増えることによってシミが出来るのです。

そしてシミにも色々種類があるのですが、まずひとつめは炎症性色素沈着というものです。 これは皮膚炎、にきび、火傷などの肌の炎症が原因になってできるシミで、この炎症性色素沈着というシミはレーザー治療などで消すことができます。
もう一つは加齢によるシミの一種である老人性色素斑というものもあります。 これは主に30~40代の人に多く見うけられ、普段から紫外線を浴び続けてしまったことによりできるシミです。

老人性色素斑のシミのサイズは様々で個人差があり、部位は紫外線を受けやすい手や顔、スネなどにできやすいシミになります。 傾向としては若い時分から日焼けしていた方に多くみられ、こちらもレーザーで消すことが可能です。

もう一つは脂漏性角化症というシミで、シミの角化が進み、いわゆる老人斑にしこりのような良性の腫瘍ができて発生するシミです。 これは中高年以降の方によくみられるシミで、老人性色素斑と同様、長期に渡り紫外線をあびることが原因となります。

他にも摩擦黒皮症、花弁状色素斑、肝斑などもありますが、それぞれに合った治療や対策をして消すことが改善への第一歩だといえるでしょう。そしてシミというのは、皮膚の内部で育ってくるというものでもあります。 現在はまだ表面にでてきていなくても、加齢とともにでてくる事がありますので注意しておきましょう。