ダイエットと美容について効果のある食べ物、やり方などいろいろな役立つ情報をまとました。

キャベツレシピで効果的に

cook photo

Photo by uberculture

キャベツをざく切りや千切りにして他のおかずよりも、まずキャベツをたくさん食べるようにしたり、ご飯やパンなど主食の炭水化物の代わりに食べるダイエット方法がキャベツダイエットと言われている方法です。 さほど味もなく低カロリーのキャベツを主食の炭水化物の代わりにしようという方法です。 こちらのダイエット方法で効果をだすには、キャベツが嫌いでなければ合えば良い方法かもしれません。

そのキャベツを食べるときには、オイルドレッシングなどのカロリーの高い調味料をかけてしまっては低カロリーダイエットの意味がありませんので、使うのであれば料理レシピを見ながら代わりの調味料を使用したり料理レシピを工夫しましょう。 パン、ご飯、パスタなどの主食の代わりにキャベツを食べるダイエットが低カロリーキャベツダイエットなので、一番ダイエット効果が高いのはキャベツには味をつけず、他のおかずと一緒に食べるようにすることですので、まずはこの方法をおすすめします。 これで1日のカロリー摂取量が大幅に少なくなる、ですからダイエット効果があるということなのです。 低カロリーダイエットによくあることですが、おかずを少なくしすぎたり、必要な栄養すら取らなくなったり、キャベツダイエットがキャベツ断食のようなものにならないよう料理レシピにも気をつけましょう。

そして食事をする前に、千切りでもよいのでたくさんのキャベツを食べることによって、脳の満腹中枢を刺激することができます。 なぜならキャベツを食べるときには、たくさん咀嚼しないといけないために満腹感が上昇してくるのです。 そしてその後の食事の量が少なくても、脳は満腹感を得られるようにするというのがこのダイエット方法の一つのキモになります。

キャベツは味にクセもなく食物繊維が豊富で、しかもそのシャキシャキした食感はしっかりかまないといけないので自然に咀嚼回数も増えて、キャベツダイエットが効果が出やすいという理由なのです。 味に飽きてきたらキャベツ料理レシピを調べたり、色々なキャベツの調理方法を調べてみるのも自分の料理レシピのレパートリーが増えダイエットも楽しくなるかもしれませんよ。