ダイエットと美容について効果のある食べ物、やり方などいろいろな役立つ情報をまとました。

やせる習慣をつける

diet photo

Photo by thenext28days

やせたいと思っている方が最初にするべきことは、常日頃からきちんとした自己管理をしているかどうか、間食やまとめ食い、早食いなど太りやすくなる食事習慣を改めることから始めましょう。

親が太っている場合、その子どもも太り気味になることが多いという統計があるのですが、肥満の体質は遺伝するとも言われてはいるのですが、実は遺伝によるものは30%くらいで、あとの70%は家庭環境での食べ物の好みや食事の取り方による影響のほうが多いといわれています。 家族そろって太りやすい体質だということは、同じ食事、生活習慣を共にしているわけで、ゆえに上記の事実を裏付けているのです。

肥満は生活習慣、食事習慣が不規則になる事などが要因の場合が多数であり、その習慣を改善することが健康的なダイエットにもつながる訳です。このように食事や運動も大切なのですが、生活習慣を見直す「行動療法」が基本的な体質改善につながります。

一番簡単な方法は、日記にいつどこで、誰と何をどのくらい食事をしたかということを記録することから始めてみましょう。 日記などに記載することにより、自分が毎日行っている食事生活、生活習慣の問題点が把握できるのです。 たとえば食事の場合では夜遅くに食べたり、食べ過ぎてしまったりすると次の日の朝に胃がもたれて朝食事ができないということになり、一日の食事が不規則になるうえに、余分な脂肪を蓄えやすくなってしまうので、夜遅くの食事はあまり好ましくはありません。

運動の場合ですと普段から歩ける距離ならばできるだけ歩くようにしてみる事や、エレベーターよりも階段、バスや車など乗り物に頼らないようにする生活を心がけるといいでしょう。 そして床掃除をこまめにやってみるなどして、なるべく普段から身体を動かすようしてみるのも、やせる生活習慣になります。

日頃からイライラしてしまうのはストレスからやけ食いをしてしまうこともあり、やせるためにはよくありませんので、ストレスがたまらないように好きなスポーツや趣味を楽しむことで、イライラ解消をはかれるように日々を楽しむことも大切です。

肥満を解消するためには、まず生活習慣を改善することであり、自分の生活習慣を見直し太ってしまう習慣を特定し、これを改善することが重要だといえます。